青汁と共に健康になっていくには?青汁の効果があるのか

青汁と健康食品の関係性を書いています。

青汁はストレスにも効果的

青汁の効果というと、栄養価が高く、野菜不足を補う事で、健康や美容に効果的とイメージする人が多いでしょう。
確かに、血液がサラサラになり、細胞が活性化し、酵素がアンチエイジングの効果があるわけですから、健康的な身体づくりをサポートする働きは十分にあります。
しかし、ストレスにも効果があると知っていますか?

青汁はストレスに効果がある

ストレスに効果があり理由は、まず配合されている成分の中でビタミンEやビタミンCの抗酸化作用があるからです。
抗酸化作用は、アンチエイジング効果がある事で注目されていますが、抗酸化作用により、胃腸の粘膜を回復させます。
ストレスで胃が痛くなるという表現を使いますよね。
これは比喩ではなく、実際にストレスが原因で胃に穴があく可能性があります。
しかし胃の粘膜を強化させる事で、ストレスに強い身体を作る事ができると言えるでしょう。
またストレスが原因で、うつ病になってしまう人も少なくありません。
そしてうつ病の人は食生活が乱れてしまいがちです。
食生活が乱れると、免疫力が落ちて、不健康な体になります。
心と身体は密接に結びついているので、不健康な状態ではますますうつ病が悪化してしまいます。
だからこそ、栄養バランスを整える事で、食生活を改善させ、その結果うつ病の症状も改善する事ができるというわけです。

ストレスを感じない環境になる

青汁の栄養素によって、ストレスが解消する効果もありますが、実はストレスが感じない環境にもしてくれます。
例えば、食事制限などの無理なダイエットは、我慢を強いられるので、ストレスが溜まります。
しかし、無理な食事制限をせずに、栄養価が高く低カロリーな商品を飲むだけで、痩せやすい体質に改善されます。
即効性はありませんが、無理なくキレイに痩せられるうえ、これほどストレスが感じないダイエット方法も他にありません。またイライラしやすい原因は、食生活にも関係しているので、栄養バランスが取れている場合には、そもそもストレスが感じにくい環境になってると言えるのではないでしょうか?

コメントは受け付けていません。