青汁と共に健康になっていくには?青汁の効果があるのか

青汁と健康食品の関係性を書いています。

青汁の飲むタイミング

私たちは、栄養バランスを考えて食事をしていても、1日に必要な栄養成分を全て食事だけでまかなうのは難しい状況です。どうしても野菜不足に陥りがちなので、健康補助食品として、青汁を毎日飲み続け、野菜不足を解消しようと努めています。いくら栄養価が高く、身体にいい栄養成分であっても過剰摂取は禁物ですよ。
1日1杯が適量だと言えます。では、この1杯は、1日のどのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか?

朝のタイミングで飲む場合

1日の始まりである朝のタイミングで、飲むという人も多いでしょう。
特に朝は食欲がなく、朝食代わりにしているという人もいるかもしれません。
確かに朝は、寝ている間に消化され、胃が空っぽの状態なので、朝に飲むと栄養が吸収されやすいというメリットがあります。また食物繊維も豊富に含まれているので、朝に飲む事で便秘対策にも効果的です。

昼のタイミングで飲む場合

昼間は仕事で、お弁当、コンビニのおにぎり、カップ麺、牛丼、惣菜など、簡単にすます人が多いでしょう。
そして今挙げたラインナップを見ても、栄養バランスの取れた食事とは言えませんよね。
そのため、昼のタイミングで飲む事は、野菜不足解消に効果的だと言えるでしょう。
昼間は、持ち運ぶ事を考慮すると、青汁は水に溶かす粉末タイプよりも、粒タイプの商品がオススメです。

夜のタイミングで飲む場合

1日の終わりの夜に飲む場合は、安眠対策に飲む事が出来ます。
あまり、安眠に効果があるという事は知られていませんが、実は主成分であるケールにはメラトニンが含まれています。
このメラトニンは睡眠を促すホルモンなので、就寝の1時間ぐらい前に飲めば、寝つきがよくぐっすり眠れるようになるでしょう。
ただし、ケールは苦味が非常に強いため、粉末タイプで飲むと、味に抵抗があるかもしれません。
そのため粒タイプで、ケール、クロレラ、長寿草の素材が含まれている商品から選ぶ事をおススメします。

コメントは受け付けていません。